Jazz Pianist 浅川太平

「"Touch of Winter"trio@Bflat」へのコメント投稿

名前
コメント
絵文字を使う

"Touch of Winter"trio@Bflat



昨日は赤坂Bflatにて安ヵ川さん則武君の"touch of winter"trioでのライブ。





当日は都内では雹が降るなどさながら異常気象。


足元の大変悪いなかではありましたが、耳の肥えた素晴らしい音楽ファンの皆様を中心に沢山お集まりくださいました。
悪天候のなかお越しくださった皆様、Bflatスタッフの皆様、メンバーの皆様ありがとうございました。




3月のレコ発以降久しぶりのトリオライブは、"touch of winter"の楽曲の他に、今年書いたアルバム未収録の曲、バッハのコラールやマタイ受難曲のアリアなど、今後の新たな展開を見据えたセットリストを用意しました。






-1st-
Improvisation~Dream Garden(浅川)
Moonstruck(浅川)
マタイ受難曲よりアリア"あわれみ給え、わが神よ"(bach)
Journey(浅川)
Last Flower(浅川)
Baroque(浅川)


-2nd-
Into the Sound(浅川)
Lost in the Forest(浅川)
オルガンコラールより"われ汝に呼ばわるイエスキリストよ"(bach)
Distance(浅川)
Home(浅川)
みみをすます(浅川)

-Encore-
Smoke(浅川)





久しぶりのトリオは、CDの曲も新曲も、とても自然な流れから今までとはまた違ったアグレッシブな展開を見せました。
このアグレッシブさは、何かを減らすことで得られた、シンプルなもののなかから生み出された自由のような気がするのです。


この1年、個人的な沈黙を経験して以降、音楽は遠くから響いてくるものになった。
耳を閉じることで聴こえ、目を閉じることで見えるものがある。
自分にとってポリフォニーとは途切れることなく続く祈りである。


距離とは美の心。
沈黙を紡ぐことで何かが生まれるという、その瞬間に今自分は想いを馳せています。





次回のトリオライブ、9月あたりにできればと思っています。

則武君も参加してくださっていて、自分はプロデュース&楽曲提供しているQuietronicaライブは7/11にall in funで。
安ヵ川さんとはデュオで7/13に新宿白龍館にて。



2014-06-25 04:57:48投稿者 : 浅川太平
コメント一覧
コメントはまだありません。