Jazz Pianist 浅川太平

浅川太平の音vol.1を終えて


オリジナル表示


3月10日。
朝の雨は正午過ぎに止んだものの、まだまだ寒さを感じるこの日。
浅川太平の音vlo.1 はありがたくも大入り満員の中でスタートを切ることができました。
お越しくださった皆様には感謝、感謝です。
ありがとうございました!


そして、このイベントの企画者でもあるzujaさんの強力な尽力なくしてはこの日を迎えられなかった。
浅川太平の音のHP、チラシの制作、ニコ生等の宣伝、ありとあらゆることをお一人でしてくださいました。
深く深く感謝です。


さらに、bartimeスタッフの皆さんからも惜しみなくたくさんの協力をいただきました。
ホントに感謝です。



今回の演奏メンバーは、新トリオのメンバーでもあるカイドーユタカさんと橋本学さん。
実は、このメンバーではかなり前にクラリネットの土井徳浩さんのリズム隊だったこともありました(その時はかみむら泰一さん、橋爪亮督さんも一緒だったように記憶しています)が、トリオはこの日が初めて。
即興が多かったので本番はどうなるか全くわからなかったですが、初ライブにして阿吽の呼吸で進むことができました。

強力なお二人とともにお送りした演奏プログラムはこのようなものでした。


1.Home
2.承認 - Acknowledgement 
3.分離 - Separation "19 loops" 
4.光 - Lights "lift"
5:決意 – Resolution
6:Elegy
7:追求 – Pursuance
8:賛美 – Psalm
9.Home
10.Dear lord
曲間はすべて即興演奏

1.3.4.6.9.浅川のオリジナル曲
2.5.7.8.10 コルトレーンの曲



vol.1のテーマは"音の巡り、命の巡り"


そう、今回はオリジナルと、敬愛するコルトレーンの至上の愛がミックスされたものでした。
至上の愛の四曲は一見シンプルなモチーフでできた曲ですが、この中にはジャズ、ブルース、クラシック、フォーク、ロック・・・あらゆる要素が混在された音楽です。
このジャンルを越えたエモーショナルな叫びがこの作品の偉大さだと思うので、作曲の発端であるカバラシステムを自分も踏まえつつ再構築しましたが、基本的にアレンジはあまりせず正面から取り組みました。

全体で一つの命が巡るような、そんな音になればと思ったのです。

中心にある曲は、3.11の翌日に書いたオリジナル曲"HOME"。
この曲は、どんな不条理に襲われてもけして失われることはない、それぞれの人にとって心の中にあるHOMEの原風景に捧げたものです。



ノンストップでお届けした二時間超は、常に即興演奏があるギリギリの緊張感の中にい続けました。

トリオ全体が自分達の意図とは別の何かに動かされているような不思議な感覚が何度もあり、その流れに従うようにしました。カイドーさん橋本さんの集中力も尋常ではなかった。

僕も全力の2時間だったので、終演後ちょっと放心状態でしたが、涙をためて感想を話してくださるリスナーの方の顔を見て、やってよかったなと思いました。


そして改めてコルトレーンに深い敬意を。
やはり背中すら全く見えない存在。
が、しばらく至上の愛を続けようと思います。



また、この日の演奏はすべて収録されました。
まだ決まってはいませんが、もしかしたらこの日のライブ映像の放送もあるかもしれません。
ノーカットで全2時間以上、長大ですが。。
こちらもご期待いただければ幸いです。



浅川太平の音はあと五回。
長い長い道のりですが、是非今後ともお付き合いいただければ幸いです。
次回は5月26日に同じく蒲田bartimeにて森田修史さんとの演奏になります。
オリジナル表示
是非足をお運びください。
よろしくお願いします。



2012-03-12 22:58:42投稿者 : 浅川太平
2件中   1 - 2 件表示 ( 全 1ページ )
コメント一覧
STACKさん

素敵なコメントありがとうございます!
あの時の感覚はなかなかうまく説明できないのですが、あの動かされた感覚は初めての体験でした。
トリオみんなが感じていたようです。
コルトレーンが放ち続けたエネルギーは想像を絶しますが、一日本人としてただ必死でした。
これからの5回も自分なりに追い込んでいこうと思います。
応援よろしくお願いいたします。
サイト管理者 浅川太平   2012-03-14 02:37:34
guest
長時間の熱い演奏お疲れさまでした!コルトレーンと浅川さんの曲を即興演奏でシームレスにノンストップ2時間オーバーとは凄い!!
何かに突き動かされるような感覚というのは、コルトレーンがそこにいたのかも!?その空気に浅川さん達が共鳴した演奏だったのかもしれません。浅川さんの思いが文面に見てとれ、読んでるだけでその時の思いが伝わり目から熱いものが・・・歳のせいでしょうか?w
今年の 「浅川太平の音」 は始まったばかりです。回を重ねるごとにヒートアップしそうですね!成功間違いなしだ! ^-^
投稿者 STACK   2012-03-13 17:07:11
2件中   1 - 2 件表示 ( 全 1ページ )