Jazz Pianist 浅川太平

villageソロライブを終えて


オリジナル
表示


昨日はvillage初ソロライブでした。


お越しくださった皆さん、CDをお買い上げくださった皆さん、villageスタッフの皆さん、ありがとうございました!

音楽を楽しんでいる空気がビシビシ伝わって、演奏していて嬉しくなる場所です。


villageは、かれこれ2005年からライブをさせていただいてる。
自分の音楽の遍歴を刻み続けているところです。



昨日はこんなセットリスト



1st
1.the pioneer boy
2.blue
3.moonstruck
4.it could happen to you(Jimmy Van Heusen)
5.spartacus(alex north)
6.oblivion(bud powell)
7.elegy

2nd
1.the moon is a hersh mistress(jimmy webb)
2.touch of winter
3.as time goes by(herman hupfield)
4.untitled waltz
5.come rain or come shine(harold arlen)
6.chandra(jaki byard)
7.lombardia
8.natsukashii(helge lien)

encore
1.incarnation
2.pulser
※カッコ以外は浅川のオリジナル曲


1stは2ndの曲とスタンダード。
2ndは1stの曲と新曲とスタンダード。
アンコールのリクエストの二曲は、どちらもオリジナル曲なのが嬉しかった。
incarnationはソロでは初めてかな。

桐生village。
とてもクリエイティブなことができる素晴らしい場所なので、今度はまた違った編成でライブができたらと思う。
対バン企画しようかな。

こちらはFM桐生で、毎週火曜日20~21時に"the village voice"というラジオもやっています。
インターネットでも聞けるとのこと。
是非アクセスしてみてください!



2012-03-22 19:24:27投稿者 : 浅川太平
コメント一覧
コメントはまだありません。