Jazz Pianist 浅川太平

PROFILE

浅川 太平 ( あさかわ たいへい )
77年札幌出身。3才よりクラシックピアノを始める。 96年、洗足学園短期大学でジャズを専攻し、卒業後バークリー音楽大学より奨学金つきの編入資格を得るも独学の道を選ぶ。04年、横浜JAZZ PROMENADE ジャズ・コンペティション、ベストプレイヤー賞受賞。07年に1stアルバム『Taihei Asakawa』、11年に2ndアルバム『Catastrophe in Jazz』、13年に3rdアルバム『Touch of Winter』をそれぞれ全国発売し、すべて全曲オリジナルという内容で作曲・演奏のどちらも好評を得ている。
【参加作品】橋爪亮督『as we breathe』(2008) / 加藤真一『Melody by CONTRABASS』(2010)『Bass on Cinema』(2011) / 森田修史メキシコトリオ+浅川太平『準備万端』(2014) / Ayuko『Can we do it?』(2015)『Naked Circus』(2017) / 吉岡大輔 & The express『吉岡大輔 & The Express』(2016)

詳細 >>

"俺のレストラン"演奏予定

銀座/青山/横浜にあるお店で20分×4の短めのライブをしています。
絶品の料理と共にカジュアルに音楽を。
全席着席型になりゆったりとお楽しみいただけます。

俺のやきと 12/15
のフレンチ table taku 12/27 12/30
俺の割烹 12/27
俺のイタリアン TOKYO 12/22
俺のフレンチ TOKYO  
俺のフレンチ・イタリアンAOYAMA 
俺のフレンチYOKOHAMA

duo 秋葉正樹(ds)
マイケルジャズソン ayuko(vo)吉岡大輔(ds)
solo 

その他出演アーティスト情報などは以下のアプリにて御覧いただけます。

詳細 >>

CD

-3rd album-
【TOUCH OF WINTER/タッチ ・オブ・ウィンター】(2013)

< D-musica DMCD-26>
2.500yen(tax-in)

01.Opening
02.Dream Garden
03.Sadtrack
04.Last Flower
05.Strings
06.Cold Sun
07.Distance
08.Home
09.みみをすます
10.Smoke

All compositions by taihei asakawa

Piano : Taihei Asakawa
Bass : Daiki Yasukagawa
Drums : Ryo Noritake

youtube
D-musica
hmv

-2nd album-
【CATASTROPHE IN JAZZ/カタストロフィ・イン・ジャズ】(2011)

< Roving Spirits RKCJ-2046>
2.500yen(tax-in)

01. The Pioneer Boy[4:19] 
02. Saving The Wind[6:36]
03. Nostalgia[6:54]youtube
04. The Words from Stars[3:18]
05. Unit11[4:51]youtube
06. Blue[5:29]
07. Elegy[6:12]
08. Trickster[6:01]
09. Moonstruck[4:49]youtube
10. Voices from The Distance[7:26]
11. B.D.S.[5:10]
12. Gorey[6:44]

All compositions by taihei asakawa

Piano : Taihei Asakawa
Bass : Shinichi Kato
Drums : Manabu Hashimoto



-1st album-
【TAIHEI ASAKAWA/浅川太平】(2007)


< Roving Spirits RKCJ-2032>
2,500yen(tax-in)

01. Pulser [5.21]
02. Clarified Waves [8.27] youtube
03. Gate of Wings [7.48]
04. Vacillation [5.25]
05. Snow [4.34]

06. Ginga [5.06]
07. Deep River [7.13]
08. Capa [3.02]
09. Lombardia [6.35]
YouTube
10. Incarnation [6.05]
11. Byakuyaso [5.21]

All compositions by Taihei Asakawa

Piano: Taihei Asakawa
Bass: Koji Tetsui
Drums: Kaoru Suzuki

iTunes  



詳細 >>

201件中   51 - 60 件表示 ( 全 21ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...    

浅川太平の音vol.5を終えて



昨日の浅川太平の音vol.5。


お越しくださった皆さん、ほんとにありがとうございました。
遠くは九州や仙台からお越しくださった方、アーティストの方。。
おかげさまで、今回も満員の中演奏させていただくことができました。
このシリーズ、毎回これだけ集結してくださり、ホントにありがたいかぎりです。。
そして、bartimeも色々なライブがされるようになってきて、ライブシーンの新たな磁場になってきたのかな。



今回のvol.5、は2000年代の影響を受けたものとして、"UK"をテーマし、以下のプログラムも自分で作りました。
チラシも音楽と同様に"融合とアイロニー"がテーマです。
お世話になったbartimeとzujaのロゴも付けて。





今回は休憩がなく、曲間もインプロヴィゼーションがあったので、トータルで二時間半演奏し続けました。
今日という日の音が融合を続けて一つの塊になり、それ自体が脈を打つように。


一部使用したシンセもnovation(UKのキーボード)でした。


【setlist】

1.Got put a smile upon your face(coldplay)
2.The eraser(thom yorke)
3.Harrowdawn hill(thom yorke)
4.Quadratime(squarepusher)
5.ophelia(浅川太平)
6.Pyramid song(radiohead)
7.いつか王子様が(Frank Churchill)
8.いますぐ王子様が(浅川太平)
9.いますぐおじさんなら(浅川太平)
10.Untitled 1(sigur ros)
11.Fuse(浅川太平)
12.Sadtrack(浅川太平)
13.Cordelia(浅川太平)
14.Hyperballad(bjork)
15.Overand(Autechre)

16.The long and winding road(Paul macartney)


今回は、コールドプレイ、レディオヘッド、ビョーク、シガーロス、スクエアプッシャー、オウテカといった、UKやアイスランドを代表する強力なアーティストの作品と向かい合いながら、その曲の、その音の、ジャンルでは形容できない(というかする必要のない)生々しさと対峙しました。
テーマ曲の"fuse"はどんなに変化・変容してもクールなテイストが残るUKのアーティストをイメージして書いた曲でした。
オリジナル"ophelia""cordelia"も、イギリスの古典シェークスピアの作品中のヒロインをイメージして書いたもの。
"いつか王子様が~いますぐ王子様が~いますぐおじさんなら"は、ぽむぽむさんとzujaさんとのtwitterのやりとりからできたもの。タイトルも音楽も変容。
ラストは予定にはないthe long and winding roadを。



今回共演の織原良次さん、秋葉正樹さん。
この三人だけでの演奏は今回がはじめてでしたが、次々とインスピレーションが降りてきました。
お客さんの熱気もビシビシ、触発されました。

素晴らしいメンバー、聴衆に感謝感謝です。




振り返れば、浅川太平の音vol.1-5をすべて満員にすることができたのは、共演してくださった海道雄高さん、橋本学さん、森田修史さん、池澤龍作さん、トオイダイスケさん、そして今回の織原良次さん、秋葉正樹さんの皆さんのお力、そして、ありとあらゆる力を尽くしてくださったzujaさん、全面的なサポートをしてくださったbartimeの皆さん、twitterやfacebookで協力してくれた皆さん、配信放送を見てくださった皆さん、そして、なにより蒲田までお越しくださった皆さんのおかげです。


ホントにありがとうございました。




それにしてもこのシリーズ、、長い道のりだった。



振り返ればこんな感じ。


3/10 vol.1(60年代)"至上の愛"

1.Home(浅川太平)
2.承認(coltrane)
3.分離(浅川太平)
4.光(浅川太平)
5.決意(coltrane)
6.Eiagy(浅川太平)
7.追求(coltrane)
8.賛美(coltrane)
9.Home(浅川太平)
10.Dear load(coltrane)
曲間は全て即興演奏





















5/26 vol.2(70年代)"田園とキースジャレット"

1st
冬・Melancolia(浅川太平)
冬・Death and the flower(keith jarrett)
春・Spiral dance(keith jarrett)
春・Blossom(keith jarrett)
夏・Follow the crooked path(keith jarrett)
夏・Be(浅川太平)
夏・Wind up(keith jarrett)
秋・Yaqui indian folk song(keith jarrett)
2nd
冬・Cold sun(浅川太平)
春・Illusion comic(浅川太平)
夏・Take me back(keith jarrett)
秋・Sun bear SAPPORO 1(keith jarrett)
秋・Strings(浅川太平)
秋・Country(keith jarrett)
風・Forest flower(charles lloyd)
風・Hope(浅川太平)
風・in a silent way(joe zawinul)













7/28 vol.3(80年代)"GAME"

1st
1.Separation(浅川太平)
2.Game(浅川太平)
3.グラディウス
4.オホーツクに消ゆ
5.ドルアーガの塔
6.ギャプラス
7.悪魔城ドラキュラ
8.マッピー
2nd
1.The book of illusions(浅川太平)
2.諸行無常(浅川太平)
3.アイスクライマー
4.ツインビー
5.忍者じゃじゃ丸くん
6.暴れん坊天狗
7.ドラゴンクエスト3「おおぞらをとぶ」
8.ドラゴンクエスト3「勇者の挑戦」
9.MOTHER
10.Tong poo(坂本龍一)












9/8 vol.4(90年代)"リバイバル"

1st
1.The deserving many(joshua redman)
2.From gagarin's point of view(esbjorn svensson)
3.Jig a jag(joshua redman)
4.Lament for lonus(brad mehldau)
5.Home(michel petrucciani)
6.Loop(浅川太平)
2nd
1.Use of light(kurt rosenwinkel)
2.Move(浅川太平)
3.Tutrasa'i(john zorn)
4.Gangsterism on canvas(jason moran)
5.Amber girls(MMW)
6.Mehldau(wolfgang muthspiel)
7.Night in tunisia(gillespie/paparelli)

















11/10 vol.5(2000年代)"UK"

1.Got put a smile upon your face(coldplay)
2.The eraser(thom yorke)
3.Harrowdawn hill(thom yorke)
4.Quadratime(squarepusher)
5.ophelia(浅川太平)
6.Pyramid song(radiohead)
7.いつか王子様が(Frank Churchill)
8.いますぐ王子様が(浅川太平)
9.いますぐおじさんなら(浅川太平)
10.Untitled 1(sigur ros)
11.Fuse(浅川太平)
12.Sadtrack(浅川太平)
13.Cordelia(浅川太平)
14.Hyperballad(bjork)
15.Overand(Autechre)

16.The long and winding road(Paul mccartney)
曲間はすべて即興演奏


















まるで走馬灯のように思い出されます。


毎回まるっきり違うものにしたいので、曲も重複させないことにはこだわりました。
オリジナルも20曲は発表したことに。
二ヶ月という短いスパンでこのイベントを続けるのは大変でしたが、なんとか乗り越えられました。








そして、、、、






ラストのvol.6。






60年代、70年代、80年代、90年代、00年代と進んでいき・・・






最後は"今"。





タイトルは"OVER"

文字通りこれで終わりという意味と、今を越えるという意味。




今まではカバーやオリジナルがある上で、それに即興が混ざった状態でした。
メンバーもいた。もちろんお客さんも。




しかし、最後は"今"のリアルな音をそのままのドキュメンタリーとして楽しんでいただきたく、ソロの完全即興演奏でお送りしようと思っています。
まあ、そのときになってみないとわかりませんが。







そして、





ずっと一緒に奏でてきたバータイムのピアノと静かに向き合うため、お客さんはいれずに生配信でと思っています。





では、12/9(日)23:30~ zujaチャンネルで皆さんお会いしましょう。






vol.6 予告動画








最後、


白い闇のはずれにたたずむものへ。








2012-11-11 06:12:22投稿者 : 浅川太平

浅川太平の音vol.5に向けてその2



いよいよ10日の浅川太平の音vol.5"UK"まであと6日!


今回は2000年代のUKアーティストの楽曲とそのアーティスト達に影響されてできた自分のオリジナルで構成されたセットです。

カバーは主にレディオヘッド、シガーロス、コールドプレイ、ビョーク、スクエアプッシャー、オウテカ等。


先日の織原良次君と秋葉正樹君とのリハーサルで二人の素晴らしさに手応えを感じ、急遽19:30のスタートから休憩なしで一気に演奏することに決めました。
ただ曲をやるだけではなく、随所にインプロヴィゼーションを散りばめられ、どのように進むかはやってみないと全く分かりません。
この日で何か一つの音の塊になればいいなと思っています。

そして、当日はMCもできないので、自作のプログラムも2種類用意してます!
このように進まない可能性もありますが。。
ライブそのものを楽しんで頂ければと、そう思っています。
オリジナル表示

曲はこのように進まない可能性もありますが。。
ライブそのものを楽しんで頂ければと、そう思っています。




この浅川太平の音シリーズ、長い長い長い道のりでした。


至上の愛 キースジャレット ゲーム リバイバル UK


それぞれの時代で影響を受けたこれらのトピック。
常にギリギリの状態でこれらのトピックと向かい合ってきました。
そして、一見バラバラであったものが、今になって線でつながってきた実感が湧いてきました。
皆さんにもそれが伝わればこれ以上の喜びはないです。

この音シリーズ、バンドで演奏するのはこのvol.5が最後。
そして、皆さんの前でのライブももしかしたら。。


vol.5、精一杯演奏したいと思います。


11/10のvol.5@蒲田バータイムライブ。
只今、予約は18時以降バータイムにて受付ております!
03-3732-8188(月〜土:18:00~4:00/日祝:18:00~1:00)


この機会、是非お見逃しなく!
(以下のチラシは演奏時間が1st2ndで書かれてますが、実際は休憩なしです)
オリジナル表示




2012-11-04 12:04:43投稿者 : 浅川太平

浅川太平solo@alma 2012.10.17 セットリスト

10.17、久しぶりのアルマソロでした。
お越しくださった皆々様に感謝!

1st
1.星の言葉(浅川太平)
2.ophelia(浅川太平)
3.相模大野ブルース(仮)(浅川太平)
4.lament for linus(brad mehldau)
5.sadtrack(浅川太平)
6.I love you(cole porter)
7.I thought about you(van heusen)

2nd
1.the boy next door(martin blane)
2.no problem(duke jordan)
3.never let me go(ray evans)
4.cordelia(浅川太平)
5.hyperballad(bjork)
6.エデンの東(leonald rosenman)
7.smoke(浅川太平)

2012-10-18 01:56:58投稿者 : 浅川太平

浅川太平の音vol.5に向けて


いよいよこの"浅川太平の音"シリーズも残り二回。
カウントダウンが始まっております。


11/10(土)のvol.5ライブはテーマが"UK"。
2000年代は特に影響を受けたサウンドにUKのアーティストが多かったので、このタイトルになりました。
オウテカ、エイフェックスツイン、スクエアプッシャー、レディオヘッド、コールドプレイ、マシューハーバート、ジャイルスピーターソン。あとはアイスランドだけど、シガーロス、ムーム、ビョ-ク。

イギリスのアーティストのジャンルを越えた融合のセンスに多くの刺激を受けました。
ロック、ジャズ、エレクトロニクス、テクノ、ブルース、現代音楽・・
ジャンルを越えるというか名前がジャンルになってしまう個人性みたいなものでしょうか。

上記のアーティストの楽曲と自分のUKのイメージでできたオリジナル曲を中心に、フレットレスベーシスト織原良次君とドラマー秋葉正樹君とのあえてオーソドックスピアノトリオの編成で、おなじみ蒲田バータイムでお送りいたします。

お二人ともホントに素晴らしいプレーヤーですので、自分自身今から楽しみでしょうがありません。
皆様、是非是非ご期待を!



2012/11/10(土)
浅川太平の音vol.5"UK"
open18:00start19:30
浅川太平(p,syn)織原良次(fletless-b)秋葉正樹(ds)
¥2000(予約¥1800 TEL 03-3732-8188 月~土18:00~4:00 日~祝18:00~1:00)





2012-10-16 19:42:34投稿者 : 浅川太平

札幌 銀巴里








































































言葉にならない時間でした





2012-10-04 22:41:16投稿者 : 浅川太平

浅川太平の音vol.3配信を終えて


9/23(日)浅川太平の音vol.3"GAME"のライブ動画配信。
多くの皆様にご来場頂きました!!


来場者数:
999人 コメント数:2605 

皆様に感謝申し上げます!
ほんとにありがとう!!

vol.4も少し公開あるかも。
ご期待を!!


そしてvol.5は、、

オリジナル表示



2012-09-24 01:52:36投稿者 : 浅川太平

浅川太平の音vol.3"GAME"ライブ動画配信のお知らせ



いよいよ、明日23日(日)!!

22:30より浅川太平の音vol.3"GAME"のライブ動画配信があります!

長い長い道のりだったvol.3、ようやく明日放送!

あんなゲームやこんなゲームまで・・・

滅多に見れない演奏の数々を盟友ドラマー池澤龍作君とお送りします。

皆さんお楽しみに!


【ニコニコ生放送】 
http://live.nicovideo.jp/watch/lv108288147
【ustream】 http://zuja.jp/

こちらはライブ時のポスター


2012-09-22 22:13:32投稿者 : 浅川太平

橋爪亮督duo@pitinnを終えて


今回のピットインライブ。
前回7月が怪我により橋爪さんが急遽お休みでソロになったので、5月以来のデュオになりました。

素晴らしい演奏をしてくださった橋爪さん、足をお運びくださったお客さん、ピットインスタッフの皆さん、ありがとうございました。


1st
1.entropy monolemma(浅川太平)
2.cold sun(浅川太平)
3.sadtrack(浅川太平)
4.duet(橋爪亮督)

2nd
1.away time(浅川太平)
2.osbick bird(浅川太平)
3.strings(浅川太平)
4.home(浅川太平)~home(橋爪亮督)

新曲sadtrackに、away time、osbick birdも橋爪さんとは初演奏。
今回は前回5月の演奏より即興演奏が多くなり、1set四曲に。
思ってもいない展開も数多くあった。
今度は曲によりvibraphoneも入れて三人の演奏もいいかも。


"音"シリーズとはまた違うこの企画、続けていく予定ですので、次の機会に是非足をお運び頂ければ嬉しいです。





2012-09-22 21:44:02投稿者 : 浅川太平

浅川太平の音vol.4を終えて





日付は変わり、昨日の浅川太平の音vol.4ライブ。
今回も満員御礼!!
皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。。。


お越しくださった皆様、バータイムスタッフの皆さん、橋本さん、トオイ君、zujaさん、皆さんに感謝!!




さて、今回のセットリストはこんな感じ。
アンコールも嬉しかったです!

1st
1.the deserving many(joshua redman)
2.from gagarin's point of view(esbjorn svensson)
3.jig a jag(joshua redman)
4.lament for linus(brad mehldau)
5.home(michel petrucciani)
6.loop(浅川太平)

2nd
1.use of light(kurt rosenwinkel)※トオイ君とのデュオ
2.move(浅川太平)※トオイ君とのデュオ
3.tutrasa'i(john zorn)
4.gangsterism on canvas(jason moran)
5.amber girls(MMW)
6.mehldau(wolfgang muthspiel)

encore
night in tunisia


今回の自作プログラムはこれ

チラシは90年代を代表するアルバムで囲ってみました。


今回は90年代を代表するアーティストの楽曲ばかり。
自分にとってもジャズに没入していったあの時代を思い出し、思わずテンション高めだったかもしれません。



そして、今回のテーマ曲は「move」。
バロックでアラベスク調のこの曲は、鍵盤同士でも面白いかなと思い、トオイ君のピアノ、僕のキーボードでお送りしましたが、やっぱり面白いものになりました。トオイ君はピアノでギグもしているので流石でしたね。
この曲は、バロック時代のオルガンの即興演奏を想像しつつ、ジャズのエッセンスを織り交ぜたので、"リバイバル"及び別の何かに昇華された音、を目指した今回の趣旨には一番近い曲だったと思います。

もう一曲のオリジナル「loop」も橋本さんのドラムパターンが聴きものでした。
拡散~退廃~再生の流れをうまく表現できたかなと思います。



今回の楽曲はいずれも強く影響を受けたアーティストばかりでしたが、実際は7daysくらいにして、さらにもっと色々なアーティストも取り上げたかった。。
クレイグテイボーン、マークターナー、ベンモンダー・・・。
まだまだまだ沢山います。

それに、考えてみれば、録音をしていない凄いサウンドスタイリストも世界各国にはいるわけです。
今日のジャズを創ったのは、本当はそういう人たちの積み重ねが大きい。そんな本物のスタイリストにリスペクトの思いが募りました。演奏後、しみじみ。



こうやってvol.4も終了。



次回のvol.5は11/10(土)。
テーマとメンバーの発表はもうすぐ!


そしてvol.3の放送は9/23(日)に!


皆さん楽しみにしていてくださいね!




2012-09-09 02:00:00投稿者 : 浅川太平

浅川太平の音vol.4に向けて


いよいよ迫って参りました、9/8のvol.4ライブ!!!


今回は90年代がテーマ。
90年代で思い浮かぶことといえば、日本は平成になり、バブル経済の崩壊、デフレーション、インターネットの普及、シングルCD、ドーハの悲劇・・


経済的には”失われた10年”と表現されたこの頃、自分は小学生~短大生~そしてピアニスト兼アルバイトでした。
テレビをつければ小室ファミリーにミスチルにという中、自分はジャズにすっかり没入。
お金もなく留学はできなかったですが、ライブやジャムに行き鍛錬しつつ、ジャズといえども色んなタイプの音楽を聴きました。
とにかく情熱だけで時間は過ぎていきました。


joshua redman、kurt rosenwinkel、brian blade、avishai cohen、brad mehldauのようなオーソドックス(と言っていいかわからないが)が比較的メインストリームなジャズ、MM&Wのようなクラブ系初期のジャズ、ESTやラーシュヤンソンのようなヨーロッパジャズ、ジョンゾーンやスパニッシュフライ等のインプロ。

90年代ジャズは、ジャズといえどそこに含まれる音楽の要素はジャンルを越えて多様になり拡散傾向。
作曲や即興にも色濃く反映されました。
過去のエッセンスを"リバイバル"しつつ別の何かに(少しずつではあるが)昇華するという流れがさらに加速化しました。


9/8は、そういった時代に自分の音を追い求めた初心を思い出しつつ、"リバイバル"をテーマにしお送りしようと思います。
joshua redman、EST、kurt rosenwinkel等の楽曲を通し、再現ではなく自分なりに昇華した音楽を、と思ってます。
なので"RE:リバイバル"かな。


そして、今回はドラムに再び橋本学さん、そしてエレクトリックベースに歌満載のトオイダイスケ君をお呼びしお送りします。
トオイ君はピアノも弾けるので、ダブルピアノも計画中!
今回も今までとは全く違うライブになりそうです!


今回は都合により配信ができないのは自分にとって残念ですが、、
その分今回はライブハウスで楽しんでいただければと思っています!


皆様、どうぞご期待を!!








2012-09-03 00:28:07投稿者 : 浅川太平
201件中   51 - 60 件表示 ( 全 21ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...